サッカーレプリカユニフォームのオーダー激安メーカーFORZA(フォルツァ)

フリーダイヤル:06-6575-9477

語呂合わせを使ったクラスTシャツを作ろう

LINE

語呂合わせを使ったクラスTシャツを作ろう

《スポーツ系のユニフォームと相性がいいデザイン》

クラスTシャツのデザインが決まらない場合は、語呂合わせを使ってみてはいかがでしょうか。
語呂合わせは背ネームに使うことができるため、番号や名前をプリントするスポーツ系のユニフォームと相性がいいです。
スポーツ系のユニフォームは名前やあだ名、好きな数字が定番デザインですが、ユニークに仕上げたい場合は数字から文字へ、文字から数字へ変える語呂合わせがお勧めです。
また、考える際は文字数も考慮しなければなりません。
クラスTシャツにも印刷範囲があるため、何文字でもいいというわけではなく、背ネームと番号の最大文字数を知っておきましょう。
一般的に、背ネームは15文字程度、背番号は4桁まで入れられることが多いです。
文字間のスペースやアルファベット、平仮名、カタカナ、漢字を合わせてバランスを整えてください。
見栄えよく背ネームを作るには文字数は短めにすることがポイントです。
クラスTシャツの横幅が限られているため、縮めて印刷すると潰れてしまって綺麗に見えません。

《実際に作っていくときは》

実際に語呂を作っていくときは、覚えやすく忘れにくいものを選ぶのがポイントです。
出来るだけ短く、意味がわかりやすく、頭文字をとってくっつけることを意識して考えてみると作りやすいかもしれません。
例えば、数字から文字へ変えるとき、生まれた年が2002年であれば「プレイオフ」、生まれた月日が10月31日であれば「天才」という風になります。
文字から数字で考えるときは、団結であれば「3902」、可愛いは「5011」、ヒーローは「16」となります。
言葉にしてプリントすると恥ずかしい場合は、数字に変えて暗号のようにするといいでしょう。
なかなか案が思い浮かばないときは、ネットでも調べることができるため、お気に入りを見つけてみてはいかがでしょうか。
また、デザインの制作が遅くなると納期に間に合わない可能性があるため、余裕を持って考える必要があります。
特に、一人一人異なる語呂合わせでプリントする際は、すぐに思いつく人もいれば時間がかかる人もいます。
イベントに間に合うように早い段階から考えておくことがポイントです。
安くユニフォームを揃えたい、作りたいならforzaへ。

トピックス記事一覧