サッカーレプリカユニフォームのオーダー激安メーカーFORZA(フォルツァ)

フリーダイヤル:06-6575-9477

クラスTシャツを作るときの生地の厚さの決め方とは

LINE

クラスTシャツを作るときの生地の厚さの決め方とは

《デザイン以外にもこだわりたいポイント》

クラスTシャツを制作する際に決めなければならないことがたくさんあります。
どんなデザインにするかを決めることはもちろん、予算や枚数、生地も選ばなくてはなりません。
予算や枚数は事前に決められていることが多いため、それほど悩むことはないでしょう。
デザインもイラストを描くことが好きな人やある程度のテーマやコンセプトが決まっていればスムーズです。
しかし、クラスTシャツの素材選びは最低限の知識がないといけません。
業者によって用意している素材の種類はサイト上で確認することができるため、どのような特徴があるのか一つひとつ調べて用途に合ったものを選びましょう。
また、生地の厚さの決め方も重要です。
よく、「oz」という単位が使われていますが、これは厚さを表すもので、オンスと読みます。
オンスは質量を表し、1ozは約28.53グラムです。
業者によってヘビーウェイトもしくはライトウェイトという言葉を使って説明しているケースも多く、呼び方には明確な基準がないため厚さが業者によって曖昧です。
注文してみたら予想外に薄かった、厚かったというケースもあるため、失敗しないように決め方のポイントを知っておくといいかもしれません。

《スタンダードなのはどれ?》

厚さの決め方のポイントは、5.6ozです。
これは最もスタンダードで、人気があります。
多くの業者ではヘビーウェイトと呼ばれており、薄すぎないためインナーも透けにくいです。
さらに、型崩れしにくいため何度洗ってもヨレヨレになって着れなくなってしまうこともないでしょう。
ほとんどのクラスTシャツ制作会社が取り扱っているため、どれを選ぶべきか迷った時は5.6ozのヘビーウェイトを選べば失敗はないはずです。
より丈夫さを求めるのであれば、6や7ozがお勧めです。
肉厚で頑丈であるため、何年も着用できます。
一度きりのイベント用に制作するのではなく、プレゼントが目的であれば生地が頑丈な方が品質が良く見えたり、長く着用できるため喜んでもらえるでしょう。
しかし、夏場に着用する場合は暑いため不向きです。
また、価格も高くなるため予算とのバランスを見て判断するようにしましょう。

トピックス記事一覧