サッカーレプリカユニフォームのオーダー激安メーカーFORZA(フォルツァ)

フリーダイヤル:06-6575-9477

クラスTシャツを個性的にアレンジしたいときのタイダイ染めとは

LINE

クラスTシャツを個性的にアレンジしたいときのタイダイ染めとは

《個性的に仕上げたい場合は》

みんなで着用するクラスTシャツのデザインは、男女問わず、どんな人でも着られるように考えて制作します。
学校行事で着用する場合は、NGなデザインもあるかもしれません。
プロのデザイナーであれば、制限がある中で個性のあるデザインを考えることができますが、素人が制作する際は費用的にも限界があるでしょう。
しかし、素人でも工夫次第で簡単に個性的なクラスTシャツを作ることができるのです。
例えば、タイダイ染めです。
聞いたことがなくても、みたことがある人が多いのではないでしょうか。
タイダイ染めは、シャツを縛って染める手法で、とても簡単ですがファッション性や独創性があるため、注目度の高いデザインになります。
実際に、タイダイ染めを用いたTシャツがアパレルショップでも販売されています。
絞り方や色の付け方で見栄えも異なるため、お揃いだけどお揃いではない一人一人がオリジナルのクラスTシャツに仕上がるでしょう。
イラストやロゴを考える必要もなく、みんなで染めていくのも楽しいため、一つの思い出作りにもなります。

《染め方を知っておこう》

タイダイ染めをする際のポイントは、白色の生地を選ぶことです。
あえて色がついた生地を選ぶ場合もありますが、アレンジがしやすいのは白色であるため、シンプルな白が選ばれる傾向にあります。
素材は染まりやすい綿100パーセントがおすすめです。
染め方はまず初めに一度洗濯をして、その後紐や輪ゴムで縛り、塩水が入ったバケツに浸け込みます。
縛る位置によってデザインが変わってくるため、完成後をイメージしながら位置を考えましょう。
次に、染料液を作って100円ショップなどでも販売しているドレッシングボトルに入れてください。
色は単色だけでなく複数の色を使って染めることができるため、レインボーカラーなどに挑戦してみてもいいかもしれません。
その後は浸け込んだシャツを取り出して塩水をしっかり絞り、染料液をかけていきます。
そのまま半日ほど置いて最後に水洗いするだけで完成です。
染料液は色が落ちにくいため、素手で作業せずにゴム手袋を着用しましょう。
同じ方法でも染まり方が一つ一つ異なるため、個性が出るクラスTシャツに仕上がります。

トピックス記事一覧