サッカーレプリカユニフォームのオーダー激安メーカーFORZA(フォルツァ)

フリーダイヤル:06-6575-9477

文化祭のクラスTシャツにおすすめのデザインとは

LINE

文化祭のクラスTシャツにおすすめのデザインとは

《迷った時にオススメなのは》

文化祭でクラスTシャツを作る学校が多く、毎年のように作っているとデザインのアイデアがマンネリ化したり思いつかなくなるものです。
イラストを描くのが好きな人でも、どんなデザインにしようか迷うことがあるでしょう。
文化祭に使えるおすすめのアイデアがあります。
一つは、出し物に関連させることです。
例えば、ホットドックやお好み焼き、カレーなど食べ物を提供する場合は、それに関連するロゴやイラストを使います。
お好み焼きであれば、有名なお好みソースのロゴを真似てみるのもいいかもしれません。
完全に真似をすると著作権問題が発生するため、あくまでもオリジナルにする必要があります。
ロゴを担任の先生の顔にして色味や文字のフォントを本物と同じにしたりなどパロディ系もおすすめです。
最近では、タピオカブームが起きているため、タピオカを提供することもあるでしょう。
その際は「タピる」や「タピりたい」、「タピった」、「タピ活」などよくインスタグラムのハッシュタグに使われているワードを取り入れて宣伝するのも一つの方法です。

《食べ物以外では》

文化祭では食べ物やドリンクを提供する以外にもバンド演奏をすることもあるでしょう。
その際は、ギターなどの楽器もおすすめですが定番であるため、実際にあるバンドや有名なフェスのロゴをパロディ化するといいかもしれません。
毎年開催されている「イナズマロックフェス」はとても有名ですが、その文字を自分たちのバンド名に変えてフォントや色合いを一緒にするなどです。
好きなバンドのキャラクターもおすすめです。
また、演奏する曲のジャンルに合うように選んでみてください。
美術部で展示会などを行う際に着るクラスTシャツは、有名な絵画を参考にするのも一つのアイデアです。
マニアックな絵画を選んでもいいですが、誰でもわかるモナリザを選び、顔は顧問の先生にするとユニークな仕上がりになります。
こだわればこだわるほど料金が上がってしまいますが、配色を工夫すると安く済ませることも可能です。
クラスTシャツの生地色も上手に活用してデザインを考えてみてはいかがでしょうか。
安くユニフォームを揃えたい、作りたいならforzaへ。

トピックス記事一覧