サッカーレプリカユニフォームのオーダー激安メーカーFORZA(フォルツァ)

フリーダイヤル:06-6575-9477

クラスTシャツをカットしてアレンジしよう

LINE

クラスTシャツをカットしてアレンジしよう

《ハサミを使ってみよう》

クラスTシャツにもう一工夫して、より個性的に仕上げたい場合は、カット加工をしてみてはいかがでしょうか。
学校行事などで着用する際は、お揃い感を出すために加工ができないかもしれませんが、イベントが終わったら完全に私物になるため、アレンジしても問題ないでしょう。
アレンジしておしゃれな普段着として活用してみてください。
カットの仕方は様々ですが、オススメの加工は襟元です。
クラスTシャツのほとんどは首元が浅く、ラウンドタイプになっているでしょう。
肩が見えるオフショルダーにして、インナーと合わせるとおしゃれです。
しかし、大胆にカットしてしまうと肩から落ちて着用しにくいため、襟元は丸く切り込むのではなく水平にするのがポイントです。
その部分をVネックにしたり、深めのラウンドに切るだけで印象が大きく変わります。
何も考えずにハサミを入れてしまうと、深すぎたり位置がずれたりしてしまう可能性があるので、チャコペンで線を書いてから切り取ると失敗しにくいです。

《カットする場所は様々》

両腕の袖も切ってタンクトップにするのもオススメです。
メンズにもオススメのアレンジ方法ではないでしょうか。
この時も失敗しないように、普段着用しているタンクトップを型紙にして、チャコペンで線を引いておきましょう。
タンクトップまでいかなくても、袖を斜めに切ったり、切り込みを入れて編み込んだりするとおしゃれです。
裾にハサミを入れてフリンジ風にするのも人気があります。
ブランド服でもよく見かけるデザインでしょう。
ポイントはフリンジの長さを決めて、等間隔になるように切り込みを入れることです。
フリンジの部分はカラースプレーを振って色づけしたり、ビーズやスパンコールを縫い付けると、より個性的に仕上がります。
また、前面の裾を切ってリボンのように結ぶのも可愛いです。
裾の中心から腰にかけてカーブするように切り込み、反対側も同じように切っていきます。
そして、中心にもV字の逆になる形で切って、その部分を結ぶと完成です。
このようにクラスTシャツは少し工夫するだけで、オリジナルの一枚に仕上がります。
誰でも簡単にできるため、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。
安くユニフォームを揃えたい、作りたいならforzaへ。

トピックス記事一覧