サッカーレプリカユニフォームのオーダー激安メーカーFORZA(フォルツァ)

フリーダイヤル:06-6575-9477

行事が終わった後のクラスTシャツの使い道とは

LINE

行事が終わった後のクラスTシャツの使い道とは

《一度きりのために作成するのは勿体無い?》

学校生活では1年間を通して様々なイベントが開催されます。
その際に、クラスTシャツを作成する場合も少なくありません。
しかし、行事が終わった後の使い道に迷うこともあるのではないでしょうか。
一度きりのイベントでしか着ないのであれば、作成するのが勿体無いと思う人もいるかもしれません。
せっかく作成したのであれば、一回着て終わりではなく、様々な場面で活用したいものです。
おすすめの使い道は、クラブ活動で着用することです。
体育祭や文化祭で着用した後は、部活動でも着て練習すると無駄になりません。
練習着として活用できるように、速乾性のある素材を選んだり紫外線カットの効果があるものを選ぶと良いでしょう。
校内の大掃除でも活躍します。
お揃いのクラスTシャツを着て大掃除をすると、一体感があって効率よく作業が進むかもしれません。
また、卒業式でもう一度着用するのもおすすめです。
思い出をクラス全員で懐かしむことができるでしょう。
同窓会のドレスコードをクラスTシャツにしてみても面白いです。
当時の楽しかった記憶や、絆を再確認できます。

《行事が終わったら使い方は自由》

部活動や校内の大掃除で着用することが禁止されている場合は、自宅で着るという使い道があります。
例えば、部屋着やパジャマです。
自宅では家族以外に見られることがないため、学校行事以外で着るのは恥ずかしいという人にもおすすめできます。
おしゃれが好きな人は、リメイクするのも一つの方法です。
みんなで着る時は、お揃い感を出すためにアレンジを加えてはいけない場合もあるでしょう。
行事が終わってしまえば、自分のものとなるためリメイクも自由です。
ハサミを使って裾や袖をカットし、ダメージ加工をしたり切れ込みを入れた部分を三つ編みしてフリンジにするなどのリメイク方法があります。
襟ぐりに沿ってカットし胸元を広げて重ね着をするのも良いでしょう。
失敗するのが怖い場合は、ワッペンを貼り付けるだけで雰囲気が変わります。
このように、様々な使い道があるため、好きなように活用してみてはいかがでしょうか。

トピックス記事一覧