サッカーレプリカユニフォームのオーダー激安メーカーFORZA(フォルツァ)

フリーダイヤル:06-6575-9477
LINE

夏におすすめのクラスTシャツの素材とは

《夏は着やすさにもこだわろう》

夏は体育祭や文化祭など学生にとって、楽しいイベントがたくさんあります。
イベントに向けてクラスTシャツを作成しようと考えている人もいるのではないでしょうか。
デザインにこだわるのはもちろん、夏でも着やすいように素材にこだわることが大切です。
冬と違って夏は体を激しく動かさなくても汗をかきます。
体育祭ともなると運動をして体温がさらに上昇するため、ストレスを感じにくいものを選んでみてください。
おすすめは、さらっとした着心地と速乾性、紫外線対策の効果があるものです。
さらっとしていれば、汗をかいてもクラスTシャツが体にべたっとまとわりつくことがなく、動いても不快感がありません。
体育祭は様々なスポーツを競いあうため、特に重視したいポイントだと言えます。

《3つのポイントをおさえたものとは》

速乾性も欠かせません。
汗で濡れたままの状態が続くと体が冷えて風邪をひいてしまう場合があります。
外は暑いですが風が吹くと体が冷えて寒くなったり室内は冷房などで肌寒いと感じるものです。
中にインナーを着て、汗をかいたら取り替えるのも一つの方法ですが、面倒に感じるでしょう。
楽しいイベントで体調を崩さないように速乾性を意識してみてください。
また、汗染みが気になりますが、速乾性があればすぐに乾くため安心して着ることができます。
最後のポイントである紫外線カットについては、日光を浴びるのは体にいいことですが過度に浴びるとニキビが悪化したり、シミやそばかすの原因となる可能性があるためUVカットも欠かせません。
この3つのポイントが揃っているポリエステル製のドライ素材がおすすめです。
綿より2倍も早く乾くとされており、体にまとわりつくこともなく着心地が良いでしょう。
紫外線も90%ほどカットしてくれるため非常に優秀です。
さらに、メッシュ生地のものを選ぶと、通気性がよくクラスTシャツと体の間に熱がこもりにくいため、快適に動くことができます。
おすすめの素材は他にもありますが、迷った時はポリエステル製のドライ素材とメッシュ生地を選んでみてはいかがでしょうか。

トピックス記事一覧