サッカーレプリカユニフォームのオーダー激安メーカーFORZA(フォルツァ)

フリーダイヤル:06-6575-9477

クラスTシャツを作るときの納期について

LINE

クラスTシャツを作るときの納期について

《クラスTシャツの納期について》

イベントでクラスTシャツを作る時は、納期に間に合うように注文しなければなりません。
どのような工程で何日ほど制作にかかるのかなど納期を知っておくと、イベントに間に合うようにクラスTシャツが作れるはずです。
クラスTシャツ制作業者によって納期が異なるため、平均納期を知っておきましょう。
まず初めの工程は、見積もりです。
クラスTシャツを作成する際は必ず見積もりを依頼します。
見積もりをスムーズに依頼するためにも、色や枚数、プリント方法などを決めておいてください。
簡単に見積もりが出せそうなイメージがありますが、中途半端にお問い合わせをすると見積もりより大幅に金額が変わってしまう可能性があります。
あらかじめデザインやデザインの大きさ、色、枚数は最低限決めておきたいものです。
見積もりが出るまでは1、2日営業日が平均となります。

《2週間ほどで完成する》

見積もりを依頼した後は、デザインをしていきます。
平均作業期間は1〜5営業日です。
初めてデザインする人は細かい部分まで配慮することができないため、業者に任せることもあります。
修正部分があった時は修正を行い、データ化をして業者がプリントして行きますが、デザインが業者側に届いてから2〜4営業日で仕上がりのイメージ画像を依頼主に送り、修正を繰り返しながら正式なデザインに仕上げていくのが一般的です。
業者がプリントを行う期間は5営業日程度が平均です。
プリントの種類によって日数が異なるため、納期を急いでいる場合は業者に確認してください。
特に、特殊加工を必要とする場合、インクが違う場合もあるため納期が大幅に変わります。
このように様々な工程を経てクラスTシャツを作っていきます。
総合して2週間ほどあればクラスTシャツが手元に届くでしょう。
しかし、学校祭や運動会などのシーズンはクラスTシャツの作成依頼をする人が増える時期であるため、納期が遅くなることがあります。
イベント当日に間に合うように早めに準備することが大切です。
少しでも納期を早くする方法は、見積もりの限度額や色、枚数を決めておくことです。
また、完璧なデザインをデータで用意しておくと修正する必要がないため、その分納期が早くなります。
しっかりと準備しましょう。

トピックス記事一覧