サッカーレプリカユニフォームのオーダー激安メーカーFORZA(フォルツァ)

フリーダイヤル:06-6575-9477
LINE

クラスTシャツに適さないデザインとは

《デザインする際に注意すること》

クラスTシャツを制作する際に注意しなければならないことがあります。
それは、デザインです。
イメージしているデザインをプリントしてオリジナルのクラスTシャツを作ることができますが、適さないデザインもあるため、依頼した後に後悔しないためにも適さないデザインがどのようなデザインであるか知っておきましょう。
適さないデザインのひとつに、複数の色を使ったものがあります。
紙にプリントするのと異なりクラスTシャツは生地に色をプリントしていくため、紙でデザインした通りの発色にならないことがあるのです。
そのため、素材と色のマッチ度を確認する必要があります。
失敗しないためにも複数の色をデザインに取り入れる際は、クラスTシャツの生地とデザインに使用する色の組み合わせを決め、制作会社に確認をしてください。

《サイズに注意》

小さい文字やデザインもクラスTシャツに適していません。
プリントできないというわけではありませんが、5mm以下の文字やデザインはインクによって潰されてしまう可能性があるからです。
企業名や商品名などの文字は小さくプリントしたいという場合は、5mm以上を意識してデザインしましょう。
小さすぎると何がプリントされているか判断することができなくなります。
しかし、生地や制作会社によって5mm以下でもプリントができる場合があります。
小さい文字やデザインを取り入れたい場合は、必ず制作会社に確認してください。
全体的に大きいデザイン、小さいデザインはクラスTシャツのサイズによって見え方が異なります。
例えば、SサイズのクラスTシャツに合わせて作成したデザインをLサイズのクラスTシャツにプリントすると、全体的にデザインが小さくなってしまいます。
そのため、極端に小さいデザイン、大きすぎるデザインではなく、全てのサイズに合わせてデザインを考えることが大切です。
このようにクラスTシャツには適さないデザインがあります。
納得のいくデザインのクラスTシャツを制作するために、よく把握してからデザイン作成をしてみてはいかがでしょうか。

トピックス記事一覧