サッカーレプリカユニフォームのオーダー激安メーカーFORZA(フォルツァ)

フリーダイヤル:06-6575-9477
LINE

一体感を生むクラスTシャツのデザインとは

《一体感が生まれるクラスTシャツのデザイン方法》

クラスTシャツはクラスみんなで同じデザインのTシャツを着るため、一体感が生まれます。
しかし、より一体感を出したいのであれば、デザインを工夫しましょう。
例えば、クラスメート全員の名前と担任の先生の名前を入れたデザインです。
文化祭や体育祭のクラスTシャツを作成する際に、着る人全員の名前を入れるだけで、クラスに一体感が生まれます。
名前のプリント方法は、漢字であってもローマ字であっても問題ありませんが、与えたい印象やテーマに合った方を選ぶと良いでしょう。
和がテーマであれば漢字、スタイリッシュな印象を与えたいのであれば、ローマ字がおすすめです。
注意しなければならないポイントは、名前の記入ミスです。
NやM、大文字の「I」アイと小文字の「l」エルなど似ているため、名前の表記にミスがないかどうかを入念にチェックしてください。
スペルミスにも注意が必要です。
スペルミスをなくすために、各個人に確認してもらうことをおすすめします。

《フレーズや色も工夫しよう》

一体感が生まれるデザインは名前だけではありません。
クラスのキャッチコピーや目標をプリントするのも一つの方法です。
クラス全員が共通して認識しているフレーズを入れてみてください。
一体感がありながらユニークな要素を取り入れたクラスTシャツを作成したい場合は、担任の先生の口癖などをプリントしてみるのも面白いかもしれません。
また、担任の先生の似顔絵もおすすめのデザインです。
一体感を出しつつ、クラスメートそれぞれの個性を出したい場合には、ロゴだけを統一して、クラスTシャツの色やキャッチコピーを個人個人に合わせてみるといった方法もあります。
男女対抗のイベントであれば、男性が黒、女性が赤など色を変えるなどの楽しみ方もあるでしょう。
合唱コンクールの時は、歌のパートごとに色を変えると一体感があり、認識もしやすいです。
このように、デザインや色を少し工夫するだけで一体感を出しつつ、それぞれの個性を出すことができます。
クラスTシャツを作成し、イベントを盛り上げてみてはいかがでしょうか。

トピックス記事一覧