サッカーレプリカユニフォームのオーダー激安メーカーFORZA(フォルツァ)

フリーダイヤル:06-6575-9477
LINE

クラスTシャツでワンポイントデザインのメリットとは

《クラスTシャツにワンポイント入れよう》

クラスTシャツのデザインに迷った時は、ワンポイントデザインを取り入れてみてはいかがでしょうか。
ワンポイントデザインはクラスTシャツに一つだけデザインするものです。
ワンポイントデザインを取り入れるメリットがあります。
メリットの一つは、シンプルなことです。
派手なデザインもオシャレですが、さりげなくワンポイント入れるだけでよりオシャレだと感じる人が多いようです。
そのため、ワンポイントデザインは近年人気を集めています。
シンプルなデザインのクラスTシャツを作りたい人は、ワンポイントデザインを意識してみてください。
また、費用的にもメリットがあります。
クラスTシャツを作成するにあたって予算が決められていることもあるでしょう。
様々なデザインや色を取り入れると予算オーバーしてしまうことがあります。
しかし、ワンポイントであればデザイン面積も狭くなるため費用が安くなるのです。

《ワンポイント入れる場所》

ワンポイント入れる場所は様々です。
たとえば、胸や腕、首、腰などが挙げられます。
特に一番人気の場所は左胸です。
胸全体にデザインするのも良いですが、最近では左胸に10cmから15cmほどのデザインが人気が高く、学生や企業からの注文が多いです。
定番の場所にワンポイント入れたくないという人は、腕にデザインするのが良いでしょう。
左や右の腕にワンポイントとして絵や英数字を入れるとオシャレに仕上がります。
しかし、デザインのサイズには注意しなければなりません。
腕の部分は大きなデザインを入れることができないため、さりげなくワンポイント入れたいという場合におすすめです。
首にワンポイント入れる場合は、前首と後ろ首の2パターンがあります。
首も小さなデザインしかプリントすることができませんが、あえてよく見ないとわからないようなデザインが人気のようです。
後ろ首にワンポイント入れる時は、横長のデザインをプリントする良いでしょう。
たとえば、英語などです。
絵や柄よりもシンプルで格好良い仕上がりになります。
腰にワンポイントデザインも人気が高いです。
市販のTシャツでも腰にデザインされているものが少ないため、オリジナル感を出したい人は腰にワンポイント入れてみてはいかがでしょうか。

トピックス記事一覧