サッカーレプリカユニフォームのオーダー激安メーカーFORZA(フォルツァ)

フリーダイヤル:06-6575-9477
LINE

クラスTシャツは素材にこだわって作ろう

《デザイン以外にもこだわりたい素材》

クラスTシャツを作成するとき、デザインにこだわる人が多いのではないでしょうか。
ユニークなものやおしゃれなデザインは話題を集め、学校行事を盛り上げてくれます。
デザインはもちろん、クラスTシャツの素材選びもとても重要です。
クラスTシャツに使われる素材の特徴を知った上で、選ぶことをお勧めします。
素材によっても価格が異なるため、予算内でクラスTシャツを作成するためにも知っておきたいポイントです。
クラスTシャツの作成会社によって異なりますが、一般的には生地が厚いと価格が高くなります。
様々な色を使いたい、大きなデザインを取り入れたい場合も価格が高くなる傾向にあるため、生地を薄いものにすることで予算内に収めてイメージ通りのクラスTシャツを作成できるでしょう。
しかし、スポーツ系のドライ生地やメッシュ素材のクラスTシャツは薄い生地であっても価格が高めに設定されていることがあるため、注意してください。

《素材の特徴》

クラスTシャツに使われる定番の素材は、綿100%ではないでしょうか。
この素材はしっかりとした着心地があり、繰り返し洗っても型崩れしないという特徴があります。
低価格な場合が多いため、初めてクラスTシャツを作成するときは綿100%を選ぶといいでしょう。
トライブレンドという素材もあります。
これは、コットン、ポリエステル、レーヨンの3種類を混ぜ合わせた素材です。
肌触りが良いため、着心地を重視したい人に向いています。
ドライはポリエステル100%やポリエステルと綿を合わせた素材です。
通気性に優れているため、体育祭などのスポーツイベントに向いている素材だと言えます。
メッシュはポロシャツの生地に使われることが多い素材です。
綿とポリエステルの混合素材で、さらりとした肌触りと通気性が特徴的です。
この素材もスポーツイベントに向いています。
Tシャツではなく、ポロシャツを作成したい場合はメッシュを選んでみてはいかがでしょうか。
このようにクラスTシャツには様々な種類の素材があります。
使いやすさと予算を考慮して、適切な素材を選んでみてください。
安くクラスTシャツを揃えたい、作りたいならforzaへ。

トピックス記事一覧