サッカーレプリカユニフォームのオーダー激安メーカーFORZA(フォルツァ)

フリーダイヤル:06-6575-9477
LINE

幼稚園でクラスTシャツを作ろう

《園児とお揃いのクラスTシャツを作成際のポイント》

クラスTシャツは幼稚園でも活躍します。
幼稚園の先生方のユニフォームとして、また運動会などのイベント用に園児たちとお揃いのクラスTシャツを作成することが可能です。
幼稚園でクラスTシャツを作成する際に知っておきたいポイントがあります。
それは、クラスTシャツの縫い方です。
縫い方には脇縫いと丸胴の2つがあります。
あまり聞いたことがないという人もいるのではないでしょうか。
普段、着用するTシャツは縫い方を気にしません。
デザインを重視する人が多いでしょう。
しかし、幼稚園児は大人とサイズが異なるため、クラスTシャツを作成するにあたって縫い方はポイントになります。
一般的には、150cm以下の細部は脇縫いです。
前後2枚の布を縫い合わせたかたちで両脇に縫い目があります。
一方、丸胴は丸編み機とよばれる布を筒状に編み上げていきます。
筒縫いとも呼ばれており、縫い目のないクラスTシャツに仕上がるのです。

《縫い目を意識したデザイン》

幼稚園児と先生方のクラスTシャツを作成するにあたって、縫い目を意識しなければならない理由は、縫い目をまたぐとデザインがきちんとプリントされない可能性があるからです。
同じデザインのクラスTシャツを着たいものですが、縫い目を意識してデザインをしなければ、同じクラスTシャツにはなりません。
大事な柄がきちんとプリントされるように、縫い目を意識して作成しましょう。
例えば、両脇から後ろにかけて大柄なデザインをプリントする場合、プリント入りが左右の脇にかかるため、大人用のクラスTシャツはイメージ通りにプリントできても、幼稚園児用のクラスTシャツがかすれてしまうことも起こりうるのです。
せっかくのお揃いクラスTシャツが、先生と幼稚園児とで差が出てしまうと、残念です。
縫い目にちょっとした気配りをするだけで、より統一性のあるかっこいいクラスTシャツに仕上がります。
両脇よりも内側にデザインを入れて、擦れても見栄えの良いデザインを考えてみてください。
安く幼稚園児と先生用のクラスTシャツを揃えたい、作りたいならforzaへ。

トピックス記事一覧