サッカーレプリカユニフォームのオーダー激安メーカーFORZA(フォルツァ)

フリーダイヤル:06-6575-9477
LINE

クラスTシャツのデザインは著作権に注意

《クラスTシャツ作りにおける注意点》

学校のイベントで、クラスで共通したクラスTシャツを全員で着ることが多くなっています。
クラスTシャツは、自分たちでデザインをして、オリジナルのものを作成するので、
市販するわけではありませんが、著作権に注意しなくてはいけません。
学校のイベントで着るだけだからとの理由で、著作権を侵してしまうと、法律に違反していると判断されてしまいます。
芸能人や有名人、流行の写真や漫画のキャラクターをプリントすると、目立って目を引きますが、許可なくプリントすることはできません。
また、曲のタイトルや歌の歌詞をデザインとして使用する事や、実際にあるロゴやマークなども使用すると著作権を侵してしまいます。
これらを授業にて使用する際には、「著作物を複製する際の許可は必要ない」と法律で定められていますが、イベントを授業としてみなすのかとの解釈の違いがあるので、クラスTシャツにも注意が必要です。
使用する際には、事前に調べて許可を取っておきた方が良いでしょう。

《クラスTシャツと著作権の関係性》

世の中にある小説、音楽、美術、アニメなどの作品は、著作物として扱われ、著作物を創作した人を著作者とし、法律によって著作者に著作権が与えられています。
クラスTシャツを作成する際には、著作権も考慮して作成するようにしましょう。
学校で使用するものであっても、著作者の中には著作権の侵害を主張する人もいるのです。
著作権のあるイラストやマークなどを使う際には、必ず事前に許可を得るようにします。
クラスTシャツを作成する際に、既存のキャラクターや作品を使用するのではなく、クラスで考えたオリジナルキャラクターやデザインを活用することで、このような心配はなくなります。
また、クラスで考えたオリジナルのキャラクターは、みんなの記憶にも残り、良い思い出になるでしょう。
低予算でクラスTシャツの作成を検討している人は、forzaにご相談ください。
オリジナルデザインのご相談もお任せください。

トピックス記事一覧