サッカーレプリカユニフォームのオーダー激安メーカーFORZA(フォルツァ)

フリーダイヤル:06-6575-9477
LINE

サッカーユニフォームの最新生地情報

《テクノロジー素材》
tokuchou_04
サッカーユニフォームには素材生地、生地名が表記してあります。
素材生地には、ポリエステル100%、生地名にはメーカーが開発した名称や商品名が書いてあると思います。
例えば、アディダスが開発した「Fabric-X」「CLIMACOOL」「CLIMALITE」などが、生地名です。
「Fabric-X」はサッカー日本代表のユニフォームにも採用されています。
超軽量素材且つ、汗を瞬時に吸い上げ生地表面に拡散するようになっていますので、肌にベタつきません。
「CLIMACOOL」は、換気と除湿の機能が優れています。
素早い通気性と速乾性によって、汗や湿気を溜め込まないので体温の上昇を防ぎます。
また、エネルギーを消耗させる熱と汗をユニフォームの外へ排出させるために、ユニフォーム内に風を送っています。
最後に、「CLIMALITE」は主にレプリカのサッカーユニフォームに採用されています。
ドライな素材で、速乾性、吸汗性、透湿性を備えているため、汗を素早く吸収し、外気に放散します。

《ハイテク素材》
tokuchou_04
このように、新しいテクノロジーによって、ユニフォームの機能が向上しています。
ハイテク素材のユニフォームは開発が年々進んでいますので、情報収集が必要です。
トップレベルのパフォーマンスをするためには、費用も惜しまないという方は、インターネットやスポーツ雑誌での情報収集を怠らないようにしましょう。
これらの最新機能を採用したユニフォームは実際の選手が着用するユニフォームには採用されていますが、レプリカには採用されていませんし、値段も高額です。
また、機能性はとても良いですが、耐久性には欠ける場合もあるので、素材もよく考えて購入を決めましょう。
機能性が最高でも、何度も着用することを考えて作られていない素材の場合は、高いお金を払って、子供のクラブチームの試合や練習で何度も着用するのは少しもったいないような気もします。
上記のようなこともあり、素材と値段は環境にあったものを選ぶことをお勧めします。
ユニフォームの生地によるパフォーマンスの向上と耐久性を天秤にかけ、より費用対効果のよい生地を選びましょう。

トピックス記事一覧