サッカーレプリカユニフォームのオーダー激安メーカーFORZA(フォルツァ)

フリーダイヤル:06-6575-9477
LINE

レアル・マドリードユニフォームをお探しならフォルツァまで

≪レアル・マドリードの歴史≫
tokuchou_04
レアル・マドリードの正式名称は「レアル・マドリード・クルブ・デ・フトボル( Real Madrid Club de Fútbol)」で、スペインのマドリードをホームタウンとするクラブです。
現在スペイン人の約33%の人がレアル・マドリードのファンであり、レアル・マドリードのファンはマドリディスタ(madridista)と呼ばれています。
世界中のサッカーファンの人気調査では、マンチェスター・ユナイテッドFCを6000万以上、上回り世界一人気があるクラブチームとしても有名です。
レアル・マドリードは1902年に誕生したレアルマドリッドですが、当初は人気も実力もライバルであるバルセロナよりも劣っていました。
しかし、1920年に当時スペインの国王だったアルフォンソ13世に、「王」や「王位」といった意味を持つ「レアル」の称号を授かり、エンブレムにも王冠が付け加えられ、クラブの会員も急増しました。

今でもマドリディスタは富裕層が多いと言われているのもそのためかもしれません。
会員が増えたことによりスター選手の獲得に力を入れ始め、1943年から5年連続でチャンピオンズカップを制覇しています。
1950年代からはバルセロナも上回り、1960年代にはリーガ5連覇も達成しました。
その後も、ライバルのバルセロナからフィーゴを引き抜き、2001年にはジダン、その翌年にはロナウド、2003年にベッカムと世界中のスター選手を獲得しています。
現在では、FCバルセロナとアスレティック・ビルバオと共にリーガ・エスパニョーラの創立以来、一度もプリメーラ・ディビシオンから降格したことがないクラブとしても有名です。

≪レアル・マドリードのユニフォームの歴史について≫
tokuchou_04
レアル・マドリードのユニフォームはチームカラーの白です。
レアル・マドリードの愛称は、チームカラーの白から日本語訳でいう「白い巨人」を意味する「エル・ブランコ(El Blanco)」や「メレンゲ(Merengue)」といわれています。
白いユニフォームは、コリンシアンFCをモデルにしているようです。
1920年に「レアル」の称号を与えられ、エンブレムに王冠がつけられていましたが、1931年にアルフォンソ13世が亡命したことで、「レアル」の称号とエンブレムの王冠は約10年間外されていました。

スペインのクラブでは初めて背番号があるユニフォームを着用したクラブでもあり、1947年の公式戦のユニフォームから背番号入りを導入しています。
ちなみに、背番号7と9はクラブを代表する選手が背負う特別な番号とされています。
レアル・マドリードのセカンドユニフォームは青や紺、黒といったダークな色でしたが、2011-12年のチャンピオンズリーグ用のセカンドユニフォームには、38年ぶりに赤を使用し、その翌シーズンにはサードカラーを緑とすることが決定しました。
しかし、公式戦で緑のユニフォームを着用したことはありません。

レアル・マドリードのレプリカユニフォームならフォルツァでお探しください!
『高品質』、『低価格』、『高性能』 『デザイン性』、『簡単さ』の5本柱でお客様を万全サポートします。
http://forza.unityjp.net/league/realmadrid/

トピックス記事一覧